青汁で手作りスムージーを体験しよう

青汁で手作りスムージーを体験しよう

最近流行りのスムージーを毎朝飲んで朝ごはんにしている人も増えているようですが、ここでは青汁とスムージーの違いと、青汁を使用した手作りスムージーについていろいろ紹介していきます。

青汁もスムージーも似たようなものだと思っている人も多いでしょうが、青汁は基本的にケールや大麦若葉や明日葉などの栄養価が高い野菜を主原料にして作られているのに対して、スムージーには野菜の他にもフルーツや穀類や海藻などが入れられます。
スムージーに明確な作り方はありませんが、両者の大きな違いはフルーツを含むか含まないかです。

またスムージーには一般的にスーパーで普通に販売されている野菜を入れるケースが多いのですが、青汁には普通のスーパーではあまり目にしない野菜が使われていることが多いのが特徴です。
前にも書きましたが、そこに含まれているのは栄養価が高い野菜なので、スムージーにそれを混ぜることでより栄養価の高い健康ドリンクにすることができます。

フルーツには糖分が含まれているので、フルーツを入れないスムージーをつくればダイエット効果も高くなり、スムージーの飲み過ぎで太る心配もなくなります。
またスムージーをつくる時にも、青汁のパウダーを使うことでより簡易に仕上げることができるので、朝の忙しい時間を節約できます。
野菜オンリーのスムージーを飲んで、健康的にダイエットしている人は急増しています。

スムージーを自分でつくる時には、できるだけ冷たくしないことがポイントです。
常温の方が体にはよく、摂取しやすくなります。
どうしても苦くて飲むことができない場合は、もちろんお好みでフルーツを加えてもいいでしょう。
フルーツにも健康に良い成分がたくさん含まれているので、飲み合わせも考えてオリジナルのスムージーを開発してみましょう。

このように、今流行りのスムージーと青汁の大きな違いはフルーツが含まれているかどうかです。
栄養価が高い野菜をスムージーに入れることで、スムージーの質を高められます。
青汁を使ってオリジナルのスムージーを作ってみてはいかがでしょう。

ページのトップへ戻る