青汁は深夜に摂取しても大丈夫?

青汁は深夜に摂取しても大丈夫?

基本的に青汁は野菜と同じなので24時間いつ飲んでも構いませんが、野菜と同様にいつ飲むかで体に与える影響は異なってきます。
青汁を深夜に摂取していいのか…など青汁を飲むベストなタイミングなどについて、ここでは詳しく探っていきます。

青汁は寝る前や深夜に飲んでももちろん大丈夫です。
深夜に飲むとトイレに行きたくなり、快眠の妨げになるので飲み過ぎには気を付けて下さい。

便秘の解消効果を望むなら就寝前に飲むのがおすすめで、トイレのことを考えると寝る2時間前くらいを目安に飲むのがおすすめです。
原材料にもよりますが、そこに含まれているメラトニンという成分が眠気を誘発するため、快眠と心地よい目覚めも得られることになります。
青汁には便秘解消効果がある食物繊維が豊富に含まれていて、それが寝ている間に効率よく作用して、朝にはすっきり快便できるようになります。
したがって、寝つきの悪い人や不眠でお悩みの方、そして便秘に悩んでいる人は、就寝前に積極的に摂取することをおすすめします。

ダイエット目的で飲んでいる人には、食事の前の空腹時に摂取することをおすすめします。
食事の前に青汁を飲むことで満腹中枢が刺激されて、食事の量を減らすことが可能になります。
さらに食前に飲むことで急激な血糖値の上昇を抑えることが可能となり、より高いダイエット効果を得ることができます。

野菜を摂ることだけを目的にしている人には、一般的に飲むベストタイミングは朝だと言われています。
朝はお腹が空いていているので栄養分の吸収が良く、さらに朝は脂っこい食事が少ないためにより吸収が高まります。

このように基本的には野菜と同じ青汁は、夜中に摂取してももちろん問題はありませんが、夜中にトイレに行きたくなるので摂取量には気を付けて下さい。
便秘解消効果を求めるには就寝前に、ダイエット目的の人は食事の前に、トータル的には朝に飲むのが良いと言われています。

ページのトップへ戻る