夕食時と朝食時、どちらが良い?

夕食時と朝食時、どちらが良い?

1日1杯で野菜からの必要な栄養分を摂取できると謳って販売されている青汁商品もたくさんありますが、果たしてその1杯はいつ飲めばいいのでしょうか。
ここでは夕食時と朝食時のどちらに飲むのが良いか考えていきます。

もちろん青汁は1日1杯と決めずに毎食時に飲んでも構いませんし、食前・食後などに飲むという決まりもありません。
基本的は野菜を食べるのと同じなので、自分の都合の良いタイミングで飲んでもらえば大丈夫です。
ただし飲む時間を工夫することで、自分が目的とする効果をより引き出すことが可能になります。

昔から野菜や果物は朝に食べるのが一番と言われているように、一般的には朝の朝食の時間に飲むのがいいとされています。
野菜不足を解消するのが目的とか、健康維持のために青汁をはじめた人は、朝食時に飲めば間違いありません。
なぜなら寝起きは空腹の状態であり、人間の身体は寝ている間に相当なエネルギーを消耗しているため、朝が最も栄養を吸収しやすくなっていて、スムーズに全身に栄養が運ばれます。
さらに脳の活性化にもつながり、勉強や仕事もはかどります。

青汁には食物繊維が多く含まれているため、便秘解消効果も高いと言われています。
女性は特に便秘で悩んでいる人が多く、便秘解消だけをピンポイントで狙っている人には夕食時に青汁を飲むことをおすすめします。
夜に大量の食物繊維を摂ることで、朝にすっきりとしたお通じがくる可能性が高くなります。
ただし夜に青汁を飲む場合、寝る直前に飲むと夜にトイレに行きたくなる可能性が高くなるので、就寝の2時間以上前に飲むことをおすすめします。

その他にはダイエット目的で青汁を摂取している人も多いでしょうが、その場合は朝食の前に飲むことで血糖値の上昇を抑えて食べ過ぎも防止できます。

このように青汁を夕食時に飲むか朝食時に飲むかは飲む目的によって異なりますが、便秘解消効果を求める人以外は朝に飲むことをおすすめします。
特に野菜不足や健康維持のために取り入れる場合は、朝食時がベストタイミングです。

ページのトップへ戻る