青汁のカクテル

青汁のカクテル

最近では癖や苦味のない飲みやすい青汁がたくさん市販されていますが、それでも野菜臭さがどうしても苦手という人も多く、牛乳やジュースなどで割った美味しく飲める青汁レシピがネット上でもたくさん紹介されています。
ここでは青汁のカクテルについて紹介します。

お酒と野菜は合うわけがないと決めつけている人も多いでしょうが、意外なことに青汁とお酒の相性は抜群です。
カクテルの中には甘いモノがたくさんあり、甘味でその癖や苦味をなくすことができます。
甘いなら自分でも飲めるという人もいるでしょうが、甘くない焼酎などにそのまま入れても美味しく飲めます。
それはちょっと…という人でも、焼酎をソーダで割り、そこにその粉末を入れて、レモンを絞ればとても美味しいカクテルの出来上がりです。
その他にも、ライムやグレープフルーツ・オレンジなどを入れると美味しくいただけます。

もちろんお酒が苦手な人へはおすすめしませんが、これならお酒好きな人でも健康面も意識しながら晩酌できることになります。
抹茶が主原料になっているモノなら、抹茶の焼酎割として抵抗なく飲むことができるでしょう。

お酒が苦手な人にはノンアルコールカクテルがおすすめで、青汁を入れる場合でもお酒のようなドリンクをつくることができます。
基本的には、一般的なノンアルコールのレシピに適量の粉末を入れるだけです。

カクテルは自宅にある材料でいくらでも違うモノをつくれるので、自分だけのオリジナルを開発してみるのも面白いでしょう。
今では多くの人たちがオリジナルの青汁カクテルをつくってネット上で紹介しているので、自分がつくったレシピが全国的で人気になるかもしれません。

このように青汁はお酒との相性も良く、甘いカクテルに粉末を入れるだけで健康的なドリンクが出来上がります。
お酒が好きな人はその粉末を入れて飲むことで必要な栄養分も摂取できるので、お酒の量は控えめにして、晩酌の時には積極的にそれを摂り入れることをおすすめします。

ページのトップへ戻る